船をキレイに!藤永製作所マリン事業

アルミ製パルピットの研磨

ちょっと前にいただいたトローリング船のアウトリガーの修理、その方の船をキレイにする仕事をいただきました。

アルミ製ロッドホルダー

アルマイト処理してる物ですが、海では白くなってしまいます。

白ボケしてアルミ製ロッドホルダー

白くザラザラになってしまいます。
それでも背面に設置されているのでまだ状態としては良い方ですが、コレを研磨するとこんな感じに光ります。
ただ表面処理のアルマイトを剥がしてしまってあるので後からコーティングが必要です。

アルミ製ロッドホルダー研磨後は光ります

ボートフェンダーホルダーの研磨

これはステンレス製のボートフェンダーの錆です。
ステンレス製でもやっぱり錆が出るのが海なんです、海水でステンレスの表面の薄い膜、不動態化層がダメになってしまうのが原因です。

こういった海で使うものは通常使っているSUS304ではなく316と呼ばれるさらに錆に強い素材を使うのですが、それでも錆が・・・

キレイにする方法はあります。

ボートフェンダーホルダーの錆
ステンレス製ボートフェンダーの錆


薄っすらと出てる錆、このくらいなら電解処理でキレイになります。

ステンレス製ボートフェンダー不導体化処理後

こんな感じでキレイになります。
バフでの研摩ではなく電解処理をしました。
その事によりステンレス表面の錆を落として、さらに不動態化層を整え強さをアップ!します。

SUS304でも316並みに錆に強くなるのです。 メーカーが言うにはね。

アウトリガー

トローリング船のアウトリガーの錆をキレイに。
錆だけではなく塩で汚れて汚れてくすんできているのでキレイにします。

このアウトリガーは、錆と汚れがなかなかだったのでバフ研摩から始めました。

ステンレス製アウトリガーの錆

斜めに伸びているパイプのネジ付近の錆や汚れが強いのが分かるかと思います。
溶接した後はちゃんと処理をしないとこのような状態、錆が出やすくなったりもします。

バフで全体を研磨した後から電解処理で、不動態化層を整えます。

ステンレス製アウトリガー不動態化後

撮ってる私が写るくらいにキレイになりました。

不動態化処理もしてあるので今までよりは錆が出にくいと思います。
出にくいはずです。 メーカーが言うにはね。

藤永マリン

藤永製作所でマリン事業を始めようかと思う。

思っていた以上に錆の出てる物が多くちょっとビックリしました。
船のオーナーさん達は錆は気にしないのか、錆ても仕方ない、錆びるのが当たり前だからって諦めているのか、どうなのか。
それでも錆びて汚いよりキレイな方が良いだろうし、キレイな状態じゃ嫌!って人はいないと思う。

だから藤永製作所のマリン事業を始めてみようかな。

名付けて、藤永マリン

船関係に限らずステンレスの錆をキレイに!